BLOG

旅するコンコス 近畿篇 大阪 心斎橋 Bar MUSZE BLOG

~太陽の塔は今、何をみているのだろう~

富士山が綺麗だ。

東名高速道路を走り、新幹線を横目に僕らは万博記念公園を目指す。

入場。

太陽の塔へ。

太陽の広場で撮影。

すごいパワーだ。

背面には黒い太陽が。

とてもかっこいい建築がある。

丹下健三氏による大屋根だった。

とても広い敷地。

太陽の塔は物販が豊富だ。

JAMへ歌詞を取りに行く。

大阪の昼飯はニューライトへ。

大阪 ニューライト カツカレーライス 550円

大阪 ニューライト セイロンライス カツのせ 600円

大阪 ニューライト チキンカツ 550円

大阪 ニューライト ライス 150円

大阪 ニューライト オムライス 500円

大阪 ニューライト ラーメン 320円

大阪にニューライトあり。

digmeoutで休憩を。

とても安心する場所。ホーム感がある。

珈琲を頂く。

古谷さんとはMIXX BEAUTY WESTも一緒にやっていて、沖縄の旅もみんなで一緒に行った。

とても楽しい思い出が出来た。

大阪FLAKE RECORDSへ。

おもしろいメッセージ。

レコードをdigる僕ら。

気がつけば顔ハメ看板の裏にこんな文字が書いてあった。

Bar MUSZEさんへ。

大阪から終点まではちゃーべさんとのライヴ。

とても素敵なお店だ。

この日はBuddy Opticalのデザイナー池原玄が眼鏡を持って売りにきてくれた。

なんて贅沢なのだろう。

彼の眼鏡が大好きだ。

素敵なお二人もライヴに遊びにきてくれた。

大阪の皆様、いつもありがとうございます。

ダケオと玄。

この2人はRiddimが初めての大阪、トライアングルでのライヴの時からの友人達。

いつもありがとう、また呑もう。

戸田さんとウノさんのGREENS。

この人達に会うと安心する。

いつもありがとうございます。

打ち上げは串カツえびす本店へ。

みんなで串カツを食べながら、楽しい夕食だった。

やはりトマトが苦手らしい。

初めて万博記念公園に足を運んだ。

この旅の最後に太陽の塔を間近で見ることができて良かった。
言葉では言い表せない不思議な感覚。
勇気が出たと言うのが、一番しっくりくる表現だろうか。

大阪では去年、フレイクレコーズでのインストアライヴがあったので、この旅では2回目のライヴとなる。
ワダさんとのレコード話はいつも興味深い。

気がつけばiTunesで音楽を聴く回数が以前より完全に減っている。
iTunesでシャッフルするよりも、僕は自分の意志で今の気分のレコードを選び、
それを聴きながらビールを呑む方がしっくりくる。

何が良くて何が悪いという話ではない。
自分はどうしたいか、というだけの話。

VINYL KILLING THE MP3 INDUSTRY.

またおもしろくなって行きそうな気がした。

古川太一

link: 旅するコンコス 近畿篇 大阪 心斎橋 Bar MUSZE facebook share twitter share