BLOG

旅するコンコス 甲信越篇 新潟 GOLDENPIGS YELLOW STAGE BLOG

〜柏崎刈羽原子力発電所の敷地内へ入る〜

東京電力 柏崎刈羽原子力発電所の隣の海岸へ。

日本海は太平洋とは全然違った表情に感じる。

発電所の隣の砂浜は、あまり綺麗ではなかった。

東京電力 柏崎刈羽原子力発電所 サービスホールへ。

かわいいキャラクターが出迎えてくれるのは、全国どの原子力発電所でも一緒だ。

ほとんどの発電所の原子力館ではこのような記念撮影できるスペースがある。

中に入ってみよう。

東京電力の施設だからか、他の発電所の施設よりもお金のかかったつくりになったいた。

0.07マイクロシーベルト。

先日行ってきた福島県郡山市、僕の住んでいた家は0.5マイクロシーベルト。

キッズランドも充実している。

同じ東京電力、事故を起こした福島第一原子力発電所の周辺の空間線量。

福島周辺の各都市の空間線量。

柏崎刈羽原子力発電所では、発電所構内へ入れるバス見学会が行われていた。

迷う事無く僕らはその会へ参加した。

東電社員によるガイド付きで、発電所内を一周するバスツアー。

当然ながら発電所内は撮影禁止。

この目に焼き付けた。

腹のへった僕らは燕へ。

新潟 燕 杭州飯店 中華そば 750円

新潟 燕 杭州飯店 餃子 750円

そして会場へ急ぐ。

この日はキャンドルでの明かりでライヴだった。美しかった。

GOLDENPIGS YELLOW STAGE店内で。

リハ後、新潟の街を探検。マキへ。

コーヒーを頂く。

グランドピアノの似合う喫茶店だった。

鈴木恵さん、とても素晴らしいライヴだった。

新潟の皆様、お久しぶりでした。

鈴木恵バンドの皆様。

打ち上げでは地ビールを頂き、音楽の話で盛り上がった。

やはり音楽の話は止まらない。とても楽しい。もっと話したかった。

気付いたら、3時。

新潟に急遽泊まることになる。

アパホテルの朝食を入れて、東京へ。

甲信越篇、とても充実した旅になった。

今回の旅では、行ける範囲で原子力発電所を見学に行っている。

新潟までの道中に、柏崎刈羽原子力発電所がある。
7つの原子炉のある大きな発電所、それも東京電力と言う事で、今どのようになっているのか、この目で確かめに行った。

サービスホールにつくとバス見学会があると聞く。
発電所の構内へ入れると言うのだ。
福島の事故後に、東京電力がやってきた原子力発電所への安全対策を、一般の人々に説明して実際に見てもらおうという企画だ。

僕らは身分証明書を見せて、住所や電話番号など全てを記入し、15分ほどの説明ビデオを見た後、バスに乗った。

バスは厳重な警備のゲートを通り、非常時の電源車などが止まっている所へ。
電源の確保についての説明を受ける。

それから1号機、2号機、3号機、4号機の近くへ。
15メートルの防波堤をつくっている様子を見学する。
原子炉建屋にここまで近づいたのは、初めてだ。

その後、水を確保する為につくられた貯水池から、5号機、6号機、7号機の近くへ。
発電所構内には信号もあったり、免震重要棟や東電社員用の建物、関連業者の建物など、沢山の施設があり、1つの街のようだった。

今全ての原子炉は停止している。

地震に対して、津波に対して、万全な対策をとっている、と言う。
安全対策をしている所を実際に見て、説明してもらう。

ふと、いま思う。

この安全対策は再稼働を前提に行われているのだろうか?
ここから先の原子力発電について、東京電力はどう思っているのか?

あの時に、質問できなかった自分が情けない。
日記を書いて振り返ると、聞きたい事が沢山あふれてくる。

古川太一

link: 旅するコンコス 甲信越篇 新潟 GOLDENPIGS YELLOW STAGE facebook share twitter share