BLOG

旅するコンコス 九州篇 長崎 ohana cafe BLOG

~ぼくらのななつ星ツアー、ハワイアンAORと僕ら~

街を知るにはまず飯だ。
コロッケへ。

魅力的なメニューだ。

長崎 コロッケ トルコ コロッケ 871円

スパゲティーにピラフにコロッケ、楽園のような組み合わせ。

長崎の教会ポスターが素晴らしい。
絵を描きたくなる。

長崎原爆資料館へ。

放射線の広がり方。

ファットマンの模型。

ぐにゃぐにゃの瓶。

街の写真。ケロイドの写真。

放射線の人体への被害。

核兵器の保有数。
隣に原子力発電所の数も付け足すのはどうだろうか。

核実験を続ける世界。

原爆落下中心地。
Peaceサインを。

被爆当時の地層が見ることができる。

平和公園へ向かう。

平和の泉に虹がかかった。

長崎刑務所浦上刑務支所跡。

平和祈念像にて。
まだ数十年前のことでしかない。
ちゃんと見て、知って、忘れないことが大事だと思い、見学に来た。

長崎の会場はOhana Cafe。

LION COFFEEが好き。
以前Curly Giraffe、圭さんの家でごちそうになって以来、ファンになった。

たくさんのCDが置いてあるお店だったが、特に気になったのがハワイアンコーナー。

佐世保にすむ友人、ワンワン君が遊びにきてくれた。
と思ったら、どこかで見たことあるバンドのTeeを着ていた。

頂いた福砂屋のカステラ。
美味しかったです。

とてもいいグルーヴの長崎のライヴだった。

ワンワン君たちも記念撮影。
今度、佐世保に行きたいです。

マスター特製オハナカレーがとても美味しかった。

なりすえと言う名のラーメン屋へ。

長崎 なりすえ 元祖・スジポン 550円

長崎 なりすえ ラーメン 500円

ママのテンションが最高でご飯がおいしくなった。
素敵な思い出が出来た。
ラーメン屋には思い出も大切だ。
ママ、クリスマスプレゼントに3Lのまわし(Tバック)もらえたのだろうか。

長崎 竹下製菓 ブラックモンブラン

アイスで〆。

Ohana CafeのセレクトでハワイアンAORを思い出してしまった。
思い出すと言うか、聴きたくなった。

自分の音楽のちょっと特別な2つのポイントがあって、それがハワイアンAORとラヴァーズロックだ。

2001年、ハワイアンAORを僕に紹介してくれたのは渋谷Hi-Fi Recordsの松永さんなのだが、最初にカラパナやサマーを聴いたとき、本当に鳥肌が立った。

メロウなギターのカッティングにメロウなローズピアノ、それにメロウなメロディー、そしてハワイ特別なリゾート感。

すぐに僕はこの音楽の虜となり、レコードを買い漁った。

その時に出来た曲がRiddim SaunterのHave a Pleasant。

何年か経ち、日本語の音楽に興味を持つ。
その時に下北沢のバー、デルモニコスの森さんにこう質問した。

「ハワイアンAORの日本語バージョンみたいな音楽ってあるんですか?」

その時に教えてもらったのが二名敦子のカラパナブラックサンドビーチだ。
最高の曲だった。

目の前の世界が広がったのを覚えている。

長崎の街で色々なことを思い出した。

古川太一

link: 旅するコンコス 九州篇 長崎 ohana cafe facebook share twitter share