BLOG

古川羽太、口唇口蓋裂治療経過。 BLOG

口唇口蓋裂で生まれた僕の息子羽太(うた)は、今2歳6ヶ月になりました。

生後4ヶ月で、口唇裂の手術、1歳5ヶ月で口蓋裂の手術を受け、1年が経過しました。

先日の国立成育医療研究センターの定期検診では、「術後は順調、言葉も問題なく話せるようになってきてるよ!」と先生にとても嬉しいお言葉を頂きました。

歯も生えてきましたが、顎裂(はぐきの裂)部分の前歯は、縦に生えてきています。

この顎裂部分を6歳から10歳の間で、骨移植手術で治していきます。

これからも手術や通院は続きます。

信頼できる成育の先生方に、本当に感謝しています。

そんな羽太の写真を、生後1ヶ月から毎日撮り続けています。

少しでも同じ病気の人の参考になったらいいな、と思い、治療経過の写真をアップします。

あんなに鼻から食べ物出てたのに、もう今ではチーターズマニアの曲を歌えるくらいまで成長しましたよ!

http://taichifurukawa.tumblr.com/post/165963139861

2015年、生まれてすぐのころ。

2015年生後4ヶ月、口唇裂手術の時。

口唇裂手術の抜糸直後。

口唇裂手術後から口蓋裂手術までの検診。

2016年1歳半、口蓋裂手術の時。

口蓋裂手術、退院。やり遂げた感あり。

口蓋裂手術以降の検診、言語聴覚リハビリが始まり、2017年10月に至る。

元気にやってます!

「ハイエースとキャラバンくらいだったら、余裕で見分けがつくぜ!」
by 羽太

FH030012_web.jpg

古川太一

link: 古川羽太、口唇口蓋裂治療経過。 facebook share twitter share