BLOG

旅するコンコス 四国篇 高知 蛸蔵 BLOG

~感動の高知旅~

まずは、鍋焼きラーメンへ。

素敵な敷物。

運ばれてきた。上から撮るとこうだが...

このように鍋の上にご飯が乗って出てくる。いい感じ。

高知 須崎 橋本食堂 なべ焼ラーメン 普 525円 ごはん 小 105円

須崎駅で記念撮影。

高知県国鉄発祥の駅。

まずは観光マップをチェックだ。

まち案内所でお母さんに須崎のおすすめを教えてもらう。

道の駅のかつおたたきを食べる。

高知 須崎 道の駅 かわうその里すさき 多田水産 かつおのたたき一人前 480円

魚屋さんが魚の眼鏡をしていた。どうりで、めちゃくちゃ美味しい訳だ。

龍馬系のキーホルダーが充実している。

須崎から浦ノ内湾をまわって高知へ。

綺麗だ。

水が、本当に綺麗だ。JR四国のイメージカラーが水色な事に納得した。

桂浜の坂本龍馬像へ。

桂浜もとても美しい。

土佐闘犬センターの中へ。

犬は、苦手だ。

パネルを持って歩いていたら、話しかけられ、ゆず茶までごちそうになってしまった。

闘犬センターの皆様と。

果物まで頂いてしまった。皆様の優しさに、涙が出そうになった。

本当に美味しい高知の果物。

最後には、闘犬のぬいぐるみまで頂いてしまったのだ。

お菓子も大量に頂いてしまった。本当に感動した。

闘犬センターに感動した僕らは、蛸蔵へ。

古い蔵を改造してアートスペースにしている。とても良い感じ。

蛸蔵の中。

この旅は、蔵や古民家なども多い。

休憩に珈琲を頂く。

ふくちゃん。

高知の皆様、ありがとうございました。

終演後、呑み屋を探して街を歩いていると、沢山の看板を発見。

これは顔出し看板作家万里チンゲールさん(高知市在住)作品。

こちらはイラストレーター梶原 希美さん(高知市在住)作品。

看板の裏に、説明が書いてあるのが良い。

巨大な制服。

この日を仕切ってくれた、ことらくんと一緒に打ち上げへ。

最高の夜になった。

高知 ラ・メール ミックス・ナッツ 420円

高知の朝は、寛の行きたかったという喫茶店へ。

高知 ラ・メール ブレンド・コーヒー 420円

高知 ラ・メール あんパン 580円

前の日すっかり打ち解けた僕らは、朝飯も一緒に食べて、さようならをする。

四国2日目も出会いがあった。

今回高知のパーティーを仕切ってくれたのが、コトラくんという同い年の男だった。

初対面の僕らは、打ち上げで同い年と言う事が発覚して、すぐに仲良くなり楽しいお酒を呑んだ。
共演したふくちゃんも同い年、男30歳が4人集まり、話が盛り上がる。

今日のライヴの話にはじまり、高知のクラブの話、四国の音楽の話、高知で遊ぶ男達の、本当に面白い話が聞けた。
こんなにゆっくり高知の人と話したのは初めてだった。

そして話しているうちに、どんどんと高知が好きになって行くのを感じた。

そんなコトラくんのMIX CDを頂き、移動中に聴いていたのだが、それが本当に最高だった。
HIP HOP中心のMIXの最後に入っていた、片想いの踊る理由。泣ける。最高だ。
なんて言い表したら良いか分からないが、このコトラMIXは旅するコンコス四国篇の思い出の一枚になった。

高知はアツい街だ。

古川太一

link: 旅するコンコス 四国篇 高知 蛸蔵 facebook share twitter share